MENU

閉じる

閉じる

HOME > 学部学科・大学院 > 旧コース・特別選抜 > 環境サイエンスコース

環境サイエンスコース


お知らせ
環境サイエンスコース生徒の画像 環境サイエンスコースが育てる人材像

環境に関連する提案や提言ができる環境コンサルタント

地域資源を発掘・活性化し起業する国際的地域リーダー

環境問題を多角的に捉え、本質を見定めることができる人材


環境サイエンスコースの学び
 21世紀は「環境の世紀」と言われているにもかかわらず環境問題が日々深刻化しているのはなぜでしょうか。たとえ
ば、地球温暖化問題は私たちの生活や企業の事業活動で使用されるエネルギーが主な原因です。この場合、エネ
ルギーの使用規制が常に議論の対象となりますが、エネルギーは経済活動と連動しているために決定的な解決策が見出せていません。
 環境サイエンスコースでは、自然科学分野にあるエネルギー、食糧、健康、資源リサイクル、環境評価などの科学
技術、および社会科学分野にある環境経済、環境政策、環境法、さらには防災・リスクマネジメントや人間工学などの社会技術についても学修します。これらの技術を用いて環境問題を多角的にとらえ、その本質を見定める能力を養成します。
 本学の環境サイエンスコースにはふたつの履修モデルが設定されています。一つは、持続可能で安心・安全な社会
の構築に向けて提案または提言を行いたい人を対象としています。エネルギー、リサイクル、食糧および環境に関する法律、経済、政策に関する基礎的な知識を修得することにより環境問題を定量的にとらえる力を育成します。
 もう一つの履修モデルは、庄内の農業を通じて食文化をつくり、発展させたい人を対象としています。食の考え方、
食と環境との関係、食と健康の関係、農業の知識などを学修することにより、庄内地域の地域資源(食糧)を発掘・
活性化して産業を創出する国際的なリーダーを育成することを目的としています。