MENU

閉じる

閉じる

HOME > 学部学科・大学院 > コース > 地域福祉コース > 学びの流れ

学びの流れ


お知らせ

地域福祉コースの学びの流れ

1~2年次:社会福祉の各分野の基礎を学ぶ。社会福祉の各分野の考え方、歴史的展開、制度・サービス、現状と課題、相談援助に必要な知識について学ぶ。主な科目:地域福祉論a、障害者福祉論、医療福祉論、高齢者福祉論、自動福祉論、司法福祉論、ソーシャルワーク総論a など 3年次:演習を通じ地域の福祉課題に取り組む。フィールドワーク等を通じ、地域福祉の課題の発見と分析を行う。相談援助に係る知識と技術を演習で実践的に習得する。主な科目:地域福祉演習Ⅰ・Ⅱ、相談援助演習Ⅱ・Ⅲ、相談援助実習指導Ⅰ・Ⅱ など 4年次:地域福祉をマネジメントする力をつける。関係者等の調整やワークショップの開催等を通じ、マネジメント力を磨くほか、ソーシャルワーク実習も行う。主な科目:地域福祉演習Ⅲ・Ⅳ、相談援助演習Ⅳ・Ⅴ、相談援助実習指導Ⅲ・Ⅳ、相談援助実習Ⅰ、Ⅱ など