MENU

閉じる

閉じる

HOME > 学部学科・大学院 > コース > 政策コース > 学びの流れ

学びの流れ


お知らせ

政策コースの学びの流れ

1~2年次:公共政策を理解するための科目を学ぶ。公共政策のセンスを身につけるために、経済学、諸政策、行政学、法学等をバランスよく学ぶ。主な科目:政策入門、行政学、民法Ⅰ・Ⅱ、社会保障論Ⅰ・Ⅱ、地方自治論、行政法 など。 3年次:課題解決のための応用的な科目を学ぶ。社会や地域の直面する政策課題を実践的に扱い、課題発見力と課題解決力を磨く。主な科目:公的年金論、福祉行財政と福祉計画、公共経営論、政策過程、政策史a・b など 4年次:卒業論文を通じ課題解決策を提言する。演習科目を通じ、社会や地域の直面する政策課題をどのように解決すべきか学問的に検討し、卒業論文での提言につなげる。主な科目:政策事例研究(公務員試験対策)、地方財政論、環境法 など。