MENU

閉じる

閉じる

HOME > 学部学科・大学院 > 公益学部長メッセージ

公益学部長メッセージ


お知らせ
 本学は2001年(平成13年)に開学しました。山形県ならびに当時の庄内14市町村(現、酒田市、鶴岡市、遊佐町、三川町、庄内町)が設立し、学校法人東北公益文科大学が運営するいわゆる公設民営の大学です。庄内の地に4年制大学をつくりたいという地元の悲願、熱い思いによりできた大学です。

 本学では、魅力ある教育を学生の皆さんに提供できるように、本年度、教育プログラムを、2系(地域経営系、交流文化系)、5コース(経営コース、政策コース、地域福祉コース、国際教養コース、観光・まちづくりコース)、3つの特別プログラム(情報特別選抜、社会福祉士養成課程、エネルギー特別専攻)に再編しました。一つのコースに所属しながら、他のコース・特別プログラムの授業を受講でき、専門性を持ちつつ幅広く学ぶことができます。また、演習科目を充実させフィールドワークを通じて、実践力・社会人力を身に付けることができます。短期語学留学への助成制度、公務員試験対策、社会福祉士養成の支援など、学生の挑戦を支援する制度を充実させました。そして、グローバルな視野を持ち、地域の人々とともに、地域社会が直面する経済、行政、福祉などの課題に、リーダーシップを持って果敢に取り組む人材の育成を目指しています。

 本学のキャンパスは、周囲の豊かな自然、たくさんの文化施設と一体化させて、一つの街のように作られています。校舎はモダンで設備は充実しており、すばらしい教育研究の環境が用意されています。このようなすばらしい環境の大学に、高いこころざし、夢を持った皆さんをお迎えし、一緒に学べることを楽しみにしております。
   (公益学部長・玉本英夫)