MENU

閉じる

閉じる

HOME > 入学案内 > 入学試験概要 > 2019年度 公募制推薦入学試験

2019年度 公募制推薦入学試験


入試

 ■■■  公募制推薦入試のポイントをCHECKしよう  ■■■

 Check1  多様な出願要件であなたの実績を評価!
調査書の内容のほか、受験生のこれまでの取り組みを評価する出願要件があります。例えば、評定平均値のほか、得意教科や学業成績には反映されにくい部活動等や資格取得への取り組みなども出願要件に加えています。
Check2  他大学などとの併願が可能!
公益大の公募制推薦入試は他大学の入試や本学の他の入試区分との併願が可能です。現時点で複数の志望校があったり、専門分野等を決めかねている受験生にも安心して受験していただけるよう配慮しています。
 Check3  減免型奨学生のチャンス!
減免型奨学生制度にエントリーした方の中から、試験成績と家計状況を加味して減免型奨学生を採用します。採用されると年間授業料の半額分(32.5万円)および、年間施設整備費の半額分(10万円)が原則減免され、国公立大学より安価な費用での進学が実現します。
※原則4年間減免型奨学生として採用されますが、年度ごとに継続のための審査
 があります。

募集人員

学部学科 試験区分 募集人員
公益学部・公益学科 A日程 10名
B日程 10名
C日程 5名

出願資格

以下の2つの条件をすべて満たし、出身学校長が推薦する者

1.下記のいずれかの条件を満たす者
 ○高等学校または中等教育学校を卒業した者および2019年3月卒業見込みの者
 ○通常の課程による12年の学校教育を修了した者および2019年3月に修了見込みの者
 ○学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者
  および2019年3月までにこれに該当する見込みの者
2.下記のいずれかの条件を満たす者
 ○調査書における全体の評定平均値が3.3以上の者または特定教科(国語・数学・地理歴史・公民・理科・外国
  語)の評定平均値において、4.0以上の教科が1つ以上ある者
 ○評定平均値に関わらず、下記のいずれかに該当する者
 (1)部活動等に所属し、都道府県大会、全国大会、コンクール等において優秀な成績をおさめた者
  ※上記出願資格に該当する者は必ず志望理由書の業績欄に実績等を記入してください。
 (2)本学が指定する資格取得に取り組み合格実績をあげた者
  <本学が指定する資格(次のいずれかを取得していること)>
   ・実用英語技能検定 準2級以上
   ・GTEC(3技能版) 450点以上(オフィシャルスコアに限る)
   ・GTEC(4技能版) 750点以上(オフィシャルスコアに限る)
   ・日商簿記 2級以上
   ・全商簿記 1級
   ・基本情報技術者
   ・ITパスポート
   ※本学が指定する資格を活用して出願する場合は、その合格証書またはスコアの写しを添付してください。

試験科目

「小論文」 [70分・配点100点・600字以内]
「面  接」 [15分・配点60点]
「調査書」 [配点60点]

入試日程

試験区分 出願期間
※最終日消印有効
試験日 合格発表日 入学手続期間
※最終日消印有効
A日程 2018年11月1日(木)~
11月9日(金)
2018年
11月17日(土)
2018年
11月26日(月)
2018年11月26日(月)~
12月7日(金)
B日程 2018年11月26日(月)~
12月7日(金)
2018年
12月15日(土)
2018年
12月21日(金)
2018年12月21日(金)~
2019年1月7日(金)
C日程 2019年2月12日(火)~
2月22日(金)
2019年
3月4日(月)
2019年
3月8日(金)
2019年3月8日(金)~
3月25日(月)

出願書類

・入学願書(検定料納付票を含む)+受験票+写真2枚
・受験票返信用封筒+362円分の切手
・推薦書
・志望理由書
・調査書

〔減免型奨学生制度にエントリーする場合は以下を提出〕
・家計状況申告書
・生計を支える方の収入を証明する書類〔2017度(平成29年度)の源泉徴収票、確定申告書または課税証明書等の
 写し〕

試験会場

試験区分 試験地
A日程 ・酒田会場(本学酒田キャンパス)
・山形会場(食糧会館)
・仙台会場(仙台青葉カルチャーセンター)
B日程 ・酒田会場(本学酒田キャンパス)
C日程

検定料

30,000円

奨学制度

公募制推薦入学試験では、以下の奨学制度を導入しています。

・減免型奨学生制度
・スポーツ特待生制度

学生募集要項請求