MENU

閉じる

閉じる

HOME > 入学案内 > 奨学制度 > 2018年度入試 特待生制度

2018年度入試 特待生制度


お知らせ

1.入試区分・募集人員

 ギャップイヤー入学試験 ・ 公益学部公益学科 合格者全員
 指定校制推薦入学試験  ・ 公益学部公益学科 3名以内
 一般入学試験(A日程)   ・ 公益学部公益学科 10名以内
 一般入学試験(B日程)   ・ 公益学部公益学科 5名以内
 一般入学試験(C日程)   ・ 公益学部公益学科 若干名
 大学入試センター試験利用入学試験(全日程) ・ 公益学部公益学科 各若干名

2.特待内容

(1)減免額
 年間授業料32.5万円および年間施設整備費10万円を減免
 ※保険料4,660円(4年分)および保護者会費5,000円(半期分)は納入が必要です。

(2)特待期間
 原則として在学中の4年間を対象とします。
 ただし、年度ごとに学業成績をもとにした継続のための審査を行います。

3.対象

 対象入試区分の受験者全員

4.選考方法

 対象入試区分の合格者の中から、試験の順位、得点率に応じて決定します。
 ※ギャップイヤー入学試験では合格者全員が特待生に採用されます。

5.選考結果の通知

(1)結果通知日:対象入試区分の合格発表日と同じです。
(2)通知方法:各入学試験の合否通知とともに本人宛てに結果を郵送します。

6.その他

・一般入学試験(A日程)および(B日程)では、本学が指定する特定高校からの受験者(現役生)のうち、
 調査書の評定平均値が本学の定める基準を満たしている者は、合格した場合特待生に採用されます。
・一般入学試験(A日程)では、「給付型奨学生制度」と「特待生制度」で同時採用される場合があります。