MENU

閉じる

閉じる

HOME > 学生生活 > クラブ・サークル活動 > <クラブ・サークル>学生インタビュー

<クラブ・サークル>学生インタビュー


学生活動
石黒大樹さん 強化指定部 硬式野球部
遠田 瞬矢(4年)
米沢中央高等学校 出身


 昨年度は、春季リーグ2位、秋季リーグ4位と目標としていたリーグ優勝を逃し悔しい思いをしました。今年度チームが優勝するためにもっと強くしていきたいのは、チームワークや団結力。部員皆が「チームのために自分は何ができるか」を考えるような雰囲気をつくるのが主将の役目だと考えています。個人としては、全試合にスタメン出場し勝利に貢献したい。まずはリーグ優勝めざして、チーム一丸となって頑張っていきたいと思います。

工藤岬さん 強化指定部 女子サッカー部
齋藤 さくら(2年)
酒田南高等学校 出身


 どちらかと言うと監督の指示どおりに動けば良かった高校でのサッカーとは異なり、大学でのサッカーは自分で考えて行動することが大事。初めてなので大変でしたが、その分、自分でも成長を実感できる1年でした。普段のプレーで心がけているのは、トラップの位置やパスの強さなどの基本を大切にすること。来年は後輩も入部してくるので、サッカーでもその他の面でも見本にしてもらえるような先輩になりたいと思っています。

渡辺渉子さん 強化指定部 女子バレーボール部
栁橋 里奈(2年)
山形市立商業高等学校 出身


 昨年度2部リーグでスタートした春の大会で、目標だった1部リーグに昇格。強豪揃いの1部で通用するために、技術のスキルアップはもちろん、体力や精神力も磨いていかなければと思っています。スパイカーは、皆がつないでくれたボールを決めるポジションなので、常に1点の重みと責任を意識。今後は、プレーでも声でも自ら率先してチームを引っ張っていくことを心がけて、1部上位定着をめざします。

庄司遼平さん 強化指定部 男子バレーボール部
庄司 遼平(3年)
米沢中央高等学校 出身


 バレーボールはまさに一つのボールをチームメイトがつないで点を取るスポーツであり、チームワークが勝敗を分けると感じています。私は、仲間がつないでくれたボールを最後に相手コートに返すスパイカーなので責任も重大ですが、その分スパイクが決まった時の喜びも格別です。チームは昨年の秋に、念願の1部へ昇格。今後は1部での上位定着が目標です。そのためにも練習を積み重ね、スパイカーとしての技術も磨いていきたいと思っています。