MENU

閉じる

閉じる

HOME > 国際交流 > 留学経験者インタビュー > 【長期留学・中国】 秋庭 さん(4年)

【長期留学・中国】 秋庭 さん(4年)


お知らせ

◆留学期間 2016年9月7日~2017年7月3日(10ヶ月間)
◆留学先 中国・江蘇州 蘇州大学



Q)長期留学のきっかけは?

A)中国語を学び始めたのは、必修の外国語で中国語を選択したことがきっかけでした。2年の夏休みに中国での3週間の短期語学留学に参加。短期間ではなかなか身につかなかった語学力や知ることができなかった文化をもっと時間をかけて学びたいと思い、1年間の長期留学に挑戦しました。


Q)大変だったこと

A)最初の1ヶ月間位、他の人が言っていることが聞きとれず、自分も話せない・・この状況が一番苦しかったです。大学で2年半も中国語を学んだはずなのにどうして?と思うことがありました。「奨学生として留学しているのだから、頑張らなくては」とか「(日本語は漢字を使用しているのだから)他国留学生よりもできなければならない」などと自分にプレッシャーをかけすぎてしまったことが原因でした。


Q)留学での収穫

A)当たり前ですが、特に「聞く」「話す」の語学力が格段にUPしました。語学力がつけば当然生活もしやすくなりますし、友人やクラスメイト、スーパーなどの店員さんまで、人と話すのが楽しくなりました。でも、それ以上に私にとって収穫だったのは、異文化交流による価値観の広がりです。当たり前が当たり前でなくなる環境はとても刺激的で、学ぶこともたくさんありました。その経験によって、自分の考え方や内面がとても良い影響を受けました。


Q)今後の目標

A)HSK※6級と中国語検定準1級を卒業までに取得することと、留学を通して得た経験を活かして、日本と中国をつなぐ人材になることです。いつか、中国全ての行政区(省や自治区など)に行ってみたいと思っています。
※中国語を母語としない学習者を対象とする、中国の教育部が認定する国際的な中国語の語学検定試験。


Q)留学を検討している方へのメッセージ

A)留学では苦しく辛い時が必ずあると思いますが、それは自分が成長する時です。留学に行く前に、「留学後、自分がどのようになっていたいか」「留学を今後にどう活かすか」明確にしておくことによって、さらに留学が意味あるものになると思います。「留学に行くこと」それ自体よりも、「興味を持ったことに真剣に取り組み、やって良かった。行って良かった。これからずっと続けていきたいと思えること」のほうが大切だと思います。加油(がんばれ)!!


⇒留学経験者インタビュー一覧はこちら