MENU

閉じる

閉じる

HOME > News&Topics > 2014.7.11 公務員をめざす学生への就活サポートセミナーを開催しました

News&Topics

2014.7.11 公務員をめざす学生への就活サポートセミナーを開催しました


イベント

 自治体職員や警察官、消防士などの公務員は、「公益」に携わる重要な仕事の一つであり、本学でも公務員をめざす学生が大勢学んでいます。
 そんな公務員を目指す学生たちを応援しようと、山形県庄内総合支庁と庄内地域5市町(鶴岡市、酒田市、三川町、庄内町、遊佐町)から現役の公務員の方々にご参加いただき、公務員をめざす学生への就活サポートセミナー「公務員と語る 公務員を語る」を酒田キャンパスで開催しました。

 プログラムは3部構成で、まず初めに、酒田市総務課行財政改革推進室次長の本間義紀さんが、「公務員としてのやりがい~そして仕事プラスアルファのおもしぇごど!~」をテーマに基調講演。時折笑いも交えながら、仕事を通じてのやりがいや、仕事や仕事にプラスアルファした活動を通して感じた想いである「人の輪(和)を広げよう」について語りました。





 続いてのパネルディスカッションは、「私が公務員としてやりがいを感じた瞬間」がテーマ。山形県庄内総合支庁地域振興課地域振興主査の渋谷陽一さんをコーディネーターに、庄内地域5市町(鶴岡市、酒田市、三川町、庄内町、遊佐町)と庄内総合支庁から1名ずつがパネリストとして登壇し、それぞれが考える「公務員としてのやりがい」について発表しました。





 最後は、学生と行政職員混合で小グループを編成してのワークショップ。テーブルごとに行政職員の皆さんから、「今まで仕事をしてきた中で、心の底から嬉しかったこと」「逆に、失敗してしまったこと」などのエピソードを披露していただき、学生たちは、普段聞けないさまざまな疑問や質問をぶつけていました。





 このセミナーのほかにも、酒田市職員による業務改善報告会へ学生が参加させていただいたり、酒田市職員の皆さんが本学学生のためだけに酒田まちあるきツアーを企画してくださるなど、地域が一体となって公務員をめざす本学学生を応援してくれています。憧れの公務員の先輩方とのふれあいを通して、学生たちは、「絶対公務員になる」との決意を固め、公務員試験対策へのモチベーションが高まったようでした。
 同様のセミナーは今年度中にあと2回ほど開催を予定しています。地域の方の温かい支援に応えられるよう、学生はもちろん、教職員も精一杯努めてまいります。