MENU

閉じる

閉じる

HOME > News&Topics > 秋田県立大学との合同ワークショップを行いました

News&Topics

秋田県立大学との合同ワークショップを行いました


学生活動

 東北公益文科大学では、9月25日から27日まで、秋田県立大学との合同ワークショップにより、環鳥海地域の魅力を発信する映像を制作し、報告会を行いました。

 これは、山形県庄内総合支庁と秋田県由利地域振興局が協働実施している「日本一のふるさとの山=鳥海」普及啓発事業の一環です。鳥海山は、標高2,236mという高山ながら、頂上から海までの距離が16kmしかなく、海からそのままそびえ立っているような独特の景観を持つ、とても美しい山です。
 今年度のワークショップでは、「環鳥海地域で活躍する人を発信せよ」というテーマで、両大学の学生の混成による4つのチームをつくり、山形県側、秋田県側それぞれ2名の方にお話を伺って、チームごとに動画を作成しました。

 25日夜にチーム内の打合せ、26日午前に取材、その日の午後から27日の午前までに映像と説明用のパワーポイントの作成、その日の午後に発表と、大変慌しい日程でしたが、参加いただいた方からは、年々動画の質が上がっているとお褒めの言葉をいただくなど、大変好評でした。

 今回作成した動画は、手を加えた上で公開する予定ですので、ご期待ください。