MENU

閉じる

閉じる

HOME > News&Topics > 【12月17日(土)】観光・まちづくりフォーラム『山形県、庄内地方におけるアジア・インバウンド戦略について考える』を開催します

News&Topics

【12月17日(土)】観光・まちづくりフォーラム『山形県、庄内地方におけるアジア・インバウンド戦略について考える』を開催します


イベント
アジア・インバウンド20161217  12月17日(土)、本学にて、観光・まちづくりフォーラム『山形県、庄内地方における アジア・インバウンド戦略について考える』を開催します。
 全国各地では、より多くの外国人観光客の誘致を目指して、その方法等について様々な議論がなされています。しかしながら、そうした観光客が地域の経済や文化にどのように結び付けていくかの視点は、必ずしも十分な議論がなされていません。
 このフォーラムでは、こうした点に着目しながら、山形県、庄内地方において、いかにしてインバウンドを地域の活性化に結び付けていくかについて討議します。
 庄内地方の自治体職員(観光部署はもちろん、農林、教育関係部署)、観光関連企業(宿泊、土産品販売など)、農林関係団体、そして市民の皆さま、どなたでもご参加いただけますので、ぜひお越しください。

■日時:2016年12月17日(土) 14時00分~17時00分(13時30分受付開始)

■会場:東北公益文科大学酒田キャンパス 301大教室(教育研究棟3階)

■基調講演:「アジア・インバウンドの実態と日台観光交流について」
        江 明清(東北公益文科大学特別招聘講師/台湾観光協会 前・東京事務所所長)氏

■事例報告:「日台交流から得た学びについてー国際交流の意義」
        蛸井 朗(山形県立鶴岡南高等学校 教諭)氏

■パネルディスカッション 「アジア・インバウンドへの期待と地域の戦略―日台観光交流から考える」
            パネリスト:蛸井  朗(山形県立鶴岡南高等学校 教諭)氏
                   相沢政男(合資会社 竹の露社長)氏
                   阿蘇裕矢(東北公益文科大学 特任教授)
          モデレーター:渡辺暁雄(東北公益文科大学 准教授)
     
■参加者:どなたでも(入場無料、ただしFAXまたはメールにて事前に申込みください)

■申込方法:チラシをプリントアウトし必要事項を記入してFAXで申し込むか、メールにて申込み下さい。
        ⇒チラシはこちらPDFファイル(101KB)  E-mail:coc-staff@koeki-u.ac.jp