MENU

閉じる

閉じる

HOME > News&Topics > 大学院公開講座「共創の技法」が始まりました

News&Topics

大学院公開講座「共創の技法」が始まりました


お知らせ
 平成28年4月16日(土)から、大学院公開講座「共創の技法」が始まりました。
 これは、地域課題の解決等に向けたファシリテーションの技法を身につけていただく機会として、大学院修士課程科目を広く公開で実施するものです。
 初回講義となった16日は、市民協働やファシリテーションの分野でご活躍中の加留部貴行先生が、本学の伊藤眞知子教授、武田真理子教授と共に、ファシリテーションの理論と活用事例、手法について説明しました。




 当日は、本学学生・大学院生のほか、一般の方も多数参加。、当初予定していた定員を大幅に超え、鶴岡キャンパス 中教室が満杯になる盛況で、にぎやかにスタートを切りました。


 講座は5日間、全15回の日程で行われ、今後、企画提案やプレゼンテーションなど、より実践的な内容で学びを深めてまいります。