MENU

閉じる

閉じる

HOME > News&Topics > 山形県議会議員と本学学生が意見交換しました

News&Topics

山形県議会議員と本学学生が意見交換しました


学生活動

 本学酒田キャンパス104教室において、本学の政策コースの学生13名と山形県議会議員4名との意見交換が行われました。

 青柳安展議員の挨拶に続き、山科朝則議員が県議会についての理解を深めてもらう目的で「身近な県議会を目指して」と題して県議会の概要を説明。その後、学生が議員の方々に質問を行いました。学生からは、「看護師・介護士不足について県として何か支援を考えているか」「若者の投票行動についてどう思うか」「羽越線を新幹線化するにはどうしたら良いか」などの質問が出され、議員が現在の状況や課題等について回答しました。議員からも「どうすれば若い人たちが投票に行くのか教えてほしい」との質問が出され、学生は「マスコミ報道では政治の悪い点ばかりが強調され、それも若者が政治に興味を持てなくなった一因に思う」「そういった報道を鵜呑みにしないことも大事ではないか」等の意見が出されていました。
 最後は参加した学生と議員の皆さんで記念撮影を行い、意見交換会は終了しました。