MENU

閉じる

閉じる

HOME > News&Topics > 「道の駅」鳥海と東北公益文科大学が連携した取り組みを実施します

News&Topics

「道の駅」鳥海と東北公益文科大学が連携した取り組みを実施します


お知らせ

 国土交通省では、「道の駅」と大学の連携を進めてきており、この一環として、このたび「道の駅」鳥海と東北公益文科大学が連携することになりました。

 具体的には、本学の「地(知)の拠点整備事業」の一環として実施する競争型課題解決演習(道の駅鳥海公益活性化プロジェクト)の中で、9名の学生が「道の駅」鳥海を元気にするプロジェクトに取り組みます。
 国土交通省酒田河川国土事務所「道の駅」鳥海のご協力を得つつ、道の駅の多様な役割や地域社会との関わり、課題について学ぶと共に、若者目線での「道の駅」の売り場の改善や、将来に向けた「道の駅」の活性化策の提案等に取り組みます。

実施期間
 平成27年10月2日~平成28年1月22日の金曜日全15回(原則13:00~14:30に実施)
  
  ・10月2日:ガイダンス(場所:本学207教室)
  ・10月9日:「道の駅」鳥海講義(場所:本学207教室)
  ・10月16日:酒田河川国道事務所講義(場所:本学207教室)
  ・10月23日、11月6日、11月13日、11月27日:現地調査等(場所:「道の駅」鳥海)

実施場所
 「道の駅」鳥海、東北公益文科大学

受講生
 東北公益文科大学の学生9名

担当教員
 皆川 治特任講師、鎌田 剛准教授

   ⇒参考:国土交通省東北地方整備局酒田河川国道事務所プレスリリース