MENU

閉じる

閉じる

HOME > News&Topics > 平成27年度 情報科目合同成果発表会が行われました

News&Topics

平成27年度 情報科目合同成果発表会が行われました


学生活動

 本学では、情報科目を1、2年次の必修としています。国内の企業や地方自治体でも使用される日本語処理に優れたRuby言語を使用。オープンソースソフトウェアの使い方を学ぶ「情報リテラシー」を1年次に、プログラミングによる製品開発を通してひとに役立つことを考える「基礎プログラミング」を2年次に学びます。さらに専門的に学びたい学生には、2年次から「情報特別選抜」も開講しています。

 1月26日(火)、今年度の情報科目成果発表会が本学公益ホール大ホールを会場に行われました。情報科目成果発表会は、毎年開催しており今年で7回目。午前11時から、4年生による卒業研究発表と3年生による卒業事前研究発表を開始し、学生15名が研究成果を発表しました。また、情報特別選抜受講生による研究報告も行われました。

 午後5時過ぎからは、2年間の情報教育の集大成となる基礎プログラミング成果発表が開催され、事前の予選を勝ち抜いた9チームがエントリー。今年は、ゲームなどの娯楽性の高いものはなく、道の駅やご当地グルメ検索カラー診断など学生たちの興味を反映した作品が多く登場しました。

 来場者の投票により、見事第1位に輝いたのは、「YOKO's bar」チームの「カクテル検索」プログラム。メンバーは3名と他チームに比べ少人数でしたが、DJ役の学生が架空のリスナーからの相談に応じる形で検索プログラムを紹介するという、他にないプレゼンテーションで他チームを圧倒しました。また、検索プログラムでは80種類ものカクテルを紹介。家にある材料でノンアルコールカクテルを作ることができるメニューなどにも工夫が凝らされていました。

[チーム名] [題目・概要]
うめぇもんくうべー 地元の特産品紹介 第2位
さささき会 あなたの求める福祉用具あります・探します
あなたとおでん コンビニおでん検索
とうほぐのれぎす 日本史年表検索
おにぎり ご当地グルメ検索
セラピー 色診断プログラム
眼鏡トルネロス カクテルの作り方
P・F・G コンビニのホットスナック検索
YOKO's bar カクテル検索プログラム 第1位

第1位の「YOKO's bar」の3人。

 情報科目合同成果発表会は、毎年1月下旬から2月上旬に開催します。年を追うごとに進化する、学生たちの情報スキルを来年はぜひ直接ご覧ください!