MENU

閉じる

閉じる

HOME > News&Topics > 本学学生有志による酒田おもてなし隊がアクティブに活動中!

News&Topics

本学学生有志による酒田おもてなし隊がアクティブに活動中!


学生活動

 山形県では、6月14日(土)から、JRと山形県が一体となって県や地域を活性化しようというキャンペーンである山形ディスティネーションキャンペーン(山形DC)がはじまります。
 酒田おもてなし隊とは、この山形DCをきっかけに、公益大生の目を通し、酒田の魅力を観光客に向けて発信しようとするもので、現在25名の学生が活動しています。

 5月31日(土)は、酒田おもてなし隊のお揃いのポロシャツを着て、酒田駅で初めて観光客をお出迎え。JRや酒田市の職員の方とともに、1~3年生の学生6名が、秋田発新潟行きの快速「うまさぎっしり日本海縦断号」乗車のお客様に、地元のお酒とヨーグルトジュースを振る舞いました。酒田駅での停車はたった7分間。限られた時間でしたが、学生たちはとびきりの笑顔で観光客をもてなしていました。


 その他にも酒田おもてなし隊の活動の一環として、学生たちは、地域のさまざまな方が庄内の自慢を一言笑顔でPRする映像を撮影。酒田駅構内のディスプレイで、笑顔いっぱいの映像を流し観光客をもてなす「庄内スマイルプロジェクト」の活動も行っています。

 この日は、酒田市消防本部からご協力をいただき、学生3名が、職員の方の「庄内自慢」の動画を撮影しました。現在まで、約70名の方にご協力いただき、動画を撮影。学生たちは、もっともっと多くの方の笑顔でお客様をもてなしたいと意気込んでいます。




 このほかにも、さまざまなアイデアで酒田を訪れたお客様をもてなそうと学生たちははりきっています。今後も、酒田おもてなし隊の活動にご注目ください!