MENU

閉じる

閉じる

HOME > News&Topics > 卒業生が、必修のキャリア科目で講演を行いました

News&Topics

卒業生が、必修のキャリア科目で講演を行いました


イベント

 本学では、1年次からキャリア科目を必修で開講。学生が、早い段階からキャリアを意識し、自分の将来を考えながら有意義な大学生活を送ることをねらいとしています。

 10月19日(火)に行われた、2年生の必修科目「キャリアと人生」では、本学1期生で、現在株式会社荘内銀行に勤務されている齋藤(旧佐藤)幸さんを外部講師にお招きし、「ワークライフバランス」をテーマにご講演いただきました。





 齋藤さんは、ご自身にとっての働く意義、育児家事と仕事を両立させるための工夫などについて、本学教員との対談形式で講演。育児を経験したことによってお客様との話題の幅が広がったこと、さまざまなライフイベントを経験しお客様の実情に合った案内ができるようになったことなどを、出産育児の経験からの収穫として紹介しました。 悩み、戸惑いながらもキャリアを積み上げてこられた過程を具体的にお話いただき、学生たちは、今後の人生について考えるヒントをいただいていたようでした。また、女性のワークライフバランスを尊重する企業の姿勢は、今後の就職活動における企業選びのポイントとして大変参考になるものでした。

 このほかの講義でも、本学では、卒業した先輩たちから話を聴く機会を多く設けております。後輩のために時間を割いて対応してくれる卒業生、忙しい中、大学からの依頼を快諾し卒業生を送り出してくれる企業様への感謝を忘れず、大学として今後も学生のキャリア支援に力を注いでまいります。