MENU

閉じる

閉じる

HOME > News&Topics > 地域・大学協働人材育成プログラム成果報告会が行われました

News&Topics

地域・大学協働人材育成プログラム成果報告会が行われました


学生活動

 本学では平成24年度より、地域の企業、官公庁、NPO、福祉・医療機関等の協力を得て地域全体で学生のスキルアップをはかる「地域・大学協働人材育成プログラム」を実施。今年度は61の団体にて101名の学生がそれぞれ実習を行いました。

 2月23日(火)、今年度のプログラムのまとめとなる成果報告会を酒田キャンパスで行いました。大泉春風さん(2年)、吉田卓也さん(3年)、髙橋里佳さん(3年・長期インターンシップ)、加藤優季さん(3年・社長インターンシップ)の4名が学生代表で成果報告を行いました。
 今年度より第2クォーターを利用した長期インターンシップも開始。事前学習として個人的に各店舗を巡ったり、企画案を考えて挑んだという髙橋さん。3週間は店舗や工場などの現場を体験、後半5週間で指導を受けながら企画の作成に取り組み、「自分の問題点に気づき、人生で一番成長できた。今後の活動に役立てていきたい。」と語りました。
 成果報告会には学生を受け入れてくださった企業や官公庁などからトッフ゜の方や担当者の方がご参加くださいました。終了後には発表した学生も含めてパネルディスカッションが行われ、様々な立場から、今後のプログラムへの貴重な意見が交わされました。
 地域全体からのサポートに応えるためにも、学生とともにより良いインターンシップとなるよう大学として努力していきたいと思います。