萩原のページに戻る 教員紹介に戻る

萩原の論文・作品

Takashi Tomita, Atsushi Ueno, Masaya Shimakawa, Shigeki Hagihara, Naoki Yonezaki. Safraless LTL Synthesis Considering Maximal Realizability, Special Issue on Synthesis, Acta Informatica, Springer. pp. 1-38, Oct. 2016.(査読有)

Sohei Ito, Shigeki Hagihara, Naoki Yonezaki. Formulation of Homeostasis by Realisability on Linear Temporal Logic, Biomedical Engineering Systems and Technologies, Communications in Computer and Information Science, Vol. 511, pp. 149-164, Springer, Jan. 2016.(査読有)

Sohei Ito, Takuma Ichinose, Masaya Shimakawa, Naoko Izumi, Shigeki Hagihara, Naoki Yonezaki, Qualitative analysis of gene regulatory networks by temporal logic, Theoretical Computer Science, Vol.594,23 pp. 151-179, Elsevier, Aug. 2015.(査読有)

冨田尭, 萩原茂樹, 伊藤宗平, 米崎直樹. 確率頻度時間論理の統計的モデル検査, コンピュータソフトウェア, 31巻3号, 336-356頁, 岩波書店, 2014年8月.(査読有)

Masaya Shimakawa, Shigeki Hagihara, Naoki Yonezaki. Bounded Strong Satisfiability Checking of Reactive System Specifications, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E97-D, No. 7, pp. 1746-1755, Jul. 2014.(査読有)

冨田尭, 萩原茂樹, 米崎直樹. 平均利得時間論理とそれを用いた検証・最適化手法, コンピュータソフトウェア, 31巻2号, 93-117頁, 岩波書店, 2014年4月.(査読有)

安藤崇央, 萩原茂樹, 米崎直樹, SAT solverを用いるLTLタブロー構成法とその評価, 情報処理学会論文誌. 55巻2号, 909-921頁. 2014年2月.(査読有)

Masaya Shimakawa, Shigeki Hagihara, Naoki Yonezaki. Complexity of Strong Satisfiability Problems for Reactive System Specifications, IEICE Transactions on Information and Systems. Vol. E96-D, No. 10, pp. 2187-2193. Oct. 2013. (査読有)

Sohei Ito, Takuma Ichinose, Masaya Shimakawa, Naoko Izumi, Shigeki Hagihara, Naoki Yonezaki: Modular analysis of gene networks by linear temporal logic, Journal of Integrative Bioinformatics, Vol. 10, No. 2, 216, doi:10.2390/biecoll-jib-2013-216, Mar. 2013.(査読有)

Shigeki Hagihara, Hiroaki Oguro, Naoki Yonezaki: Kripke semantics for Epistemic Logic of Relational Information between Ciphertexts, Philippine Computing Journal, Vol. 7, No. 2, pp. 23-32, Philippine Computing Society, Dec. 2012.(査読有)

安藤崇央, 宮本佑樹, 萩原茂樹, 米崎直樹. 分散オブジェクト技術を利用したリアクティブシステム仕様の段階的充足可能性判定器の実装, コンピュータソフトウェア, 28巻4号, 262-281頁, 岩波書店, 2011年11月.(査読有)

萩原茂樹, 北村佑介, 島川昌也, 関戸聡, 米崎直樹. リアクティブシステム仕様を実現可能にするための環境制約の抽出, コンピュータソフトウェア, 28巻3号, 132-146頁, 岩波書店, 2011年8月. (査読有)

伊藤宗平, 萩原茂樹, 米崎直樹. プログラム依存グラフの操作的意味, コンピュータソフトウェア, 26巻3号, 109-135頁, 岩波書店, 2009年8月.(査読有)

小黒博昭, 萩原茂樹, 米崎直樹. 記号論的暗号解析を用いたOblivious Transferプロトコルの解析, 電子情報通信学会論文誌 D, J92-D巻5号, 596-607頁, 2009年5月. (査読有)

萩原茂樹, 米崎直樹. 記号論及び計算論によるセキュリティ解析の相互関係, 応用数理, 17巻4号, 27-37頁, 2007年12月.(査読有)

萩原茂樹, 友石正彦, 米崎直樹. 有限フレームを意味的基礎として持つ様相論理に対する分解証明法, コンピュータソフトウェア別冊ソフトウェア発展, 18巻0号, 78-91頁, 岩波書店, 2000年12月. (査読有)

萩原のページに戻る  教員紹介に戻る