斉藤  徹史
さいとう てつし、SAITO Tetsushi
東京都出身
准教授
最終更新 2017年4月28日
学位 法学修士
最終学歴 東北大学大学院法学研究科
職歴 東北公益文科大学講師(平成26年4月)
東北公益文科大学准教授(平成28年4月~現在)
メッセージ
教育・研究活動状況
研究分野 行政法学、財政法学
研究テーマ 公共調達/入札
PFI/PPP
行政改革
規制改革
共同・受託研究実績 金融機関との共同研究の実施(研究代表者)(平成28年度)
論文・作品 「弁護士会綱紀委員会の調査と独禁法」『公正取引』630号(公正取引協会、2003年)
「民間委託と公務員の雇用」『都市問題』95巻6号(東京市政調査会、2004年)
「国立大学法人における収益事業の可能性」『大学財務経営研究』7号(国立大学財務・経営センター研究部、2010年)
「公共調達のトレードオフ」(共著)『フィナンシャル・レビュー』104号(財務省財務総合政策研究所、2011年)
「地方自治体の公共調達のあり方についての一考察-地域要件の再検討-」(共著)『地域学研究』42巻2号(日本地域学会、2012年) ほか
研究著書 本間正明監著『概説 市場化テスト』(NTT出版、2005年)(第7章執筆)
国内会議発表 「地方自治体の公共調達のあり方についての一考察」(共同)第47回日本地域学会年次大会(2010年)
「地方自治体の調達組織法制」第27回自治体学会静岡大会(2013年)
「人口減少時代の自治体職員研修の開発に関する研究」(共同)日本地域課題解決研究会in庄内(2015年)
「地域のイノベーションと経済活性化を促進する新たなPFIの研究」日本地域課題解決研究会in庄内(2016年) ほか
国際会議発表
その他の著作 「公共調達、技術革新重視を」(共著)日本経済新聞「経済教室」平成23年11月3日付朝刊(2011年)
「規制改革の経験から何を学ぶか」『NIRAモノグラフシリーズ』38号(総合研究開発機構,2013年) ほか
研究経歴 独立行政法人国立大学財務・経営センター 客員研究員(平成23~24年度)
公益財団法人都市化研究公室 主任研究員(現在)
知的財産権
担当授業科目(学部) (平成29年度)「法学」「行政法」「憲法」「地方自治法」「公共系科目演習」「キャリア入門a」「キャリアと人生a」など、(平成26年度~28年度)「法学」「民法Ⅰ」「民法Ⅱ」「会社法」「企業法務」「政策事例研究」「キャリア入門a」「キャリア入門b」「キャリアと人生a」「キャリアと人生b」「就職セミナー」「インターンシップ(春学期)」など
担当授業科目(大学院) (平成28年度)「公共経営論」「政策研究特論b」「論文作成法」、(平成29年度)「行政法」
教育実績 講演「公共調達と地域」(財団法人港湾空港技術サービスセンター)(2011年)
講演「PFIの現状と実務」(国土交通省中部地方整備局ほか)(2012年)
講演「東日本大震災の復興の現状と課題」(地方シンクタンク協議会)(2012年)
「忙しい人の図書館利用術」講師(酒田市図書館)(2015年)
特別講演「官民連携が拓くこれからの地域公共施設のマネジメント」(大学コンソーシアムとちぎ)(2016年) ほか
指導ゼミ論文 少年法、消防団、裁判員制度、地域の公共施設振興、暴力団対策、再生可能エネルギー、知的財産権、ゲーミング
所属学会 日本公法学会、日本財政法学会、日本経済法学会、日本地域学会、日本高等教育学会、自治体学会
免許・資格
社会・地域での活動 岩手県政策評価委員会(委員)・政策評価専門委員会(専門副委員長)(現在)
総務省山形行政評価事務所 行政懇談会(構成員)(現在)
庄内町振興審議会(会長)(現在)
庄内町行政改革推進委員会(委員)(現在) 
受賞
戻る