齋藤 建児
さいとう けんじ、Kenji SAITO
1978年生・岩手県出身
助教
最終更新 2017年4月28日
学位 修士(社会福祉学)
最終学歴 岩手県立大学大学院社会福祉学研究科博士前期課程修了(2012年3月)
職歴 社会福祉法人川井村(現宮古市)社会福祉協議会(2005年4月)
社会福祉法人二戸市社会福祉協議会(2009年4月)
東北公益文科大学助教(2015年4月)
メッセージ 西澤潤一先生が考えられた「素心知困」という言葉を大切にしています。すべての虚飾を取り除いた自分本来の心、「素心」に沿って人々の幸せをかなえられるよう、謙虚に学ぶ姿勢が大切であると考えます。
教育・研究活動状況
研究分野 地域福祉、福祉情報
研究テーマ 地域包括ケアシステムの構築に資するICT利活用
共同・受託研究実績
論文・作品 情報通信技術(ICT)を活用した高齢者安否確認システムの効果-A地区を事例として(修士学位論文)
研究著書
国内会議発表 岩手県川井村における見守りネットワークサポートシステムの導入実験(日本福祉介護情報学会 第5回研究大会)
高齢者の能動的発信による安否確認システムの利用端末に関する評価(日本福祉介護情報学会 第9回研究大会)
国際会議発表
その他の著作
研究経歴
知的財産権
担当授業科目(学部)
担当授業科目(大学院)
教育実績
指導ゼミ論文
所属学会 日本福祉介護情報学会、日本社会福祉教育学会、日本社会福祉学会、日本老年社会科学会
免許・資格 介護福祉士、介護支援専門員、社会福祉士、精神保健福祉士
社会・地域での活動
受賞 日経地域情報化大賞2007日本経済新聞賞を「『今日も発信・元気だよ!』安否確認システム」が受賞 岩手県医療福祉情報化コンソーシアム(ポラーノ広場)として共同
E-mail
戻る