佐藤 隆也
さとう りゅうや、Ryuya SATOU
1953年生・山形県出身
特任教授
最終更新 2017年4月28日
学位 修士
最終学歴 東北公益文科大学大学院公益学研究科修士課程
職歴 飲食店経営従事(自営)
斎藤経営コンサルタント事務所
ボランタリーチェーンサンマート協同組合
有限会社木村屋
山形県立産業技術短期大学校庄内校国際経営科
メッセージ 楽しく、なごやかに、真摯に、今起きていることから未来をみていこう!
教育・研究活動状況
研究分野 P・ドラッカーの経営学的思想。マーケティング、特に顧客満足。店舗運営、特に接客及び品揃え等
研究テーマ P・ドラッカー経営学的思想と松下幸之助経営思想について
共同・受託研究実績
論文・作品 「顧客満足に関する一考察」『庄内地域におけるCSR(企業の社会的責任)活動に関する調査研究』東北公益文科大学大学院2006
研究著書
国内会議発表 「地方都市における商品開発とマーケティングー山形県庄内地方を事例として」商品開発・管理学会第12回全国大会(2009)
国際会議発表
その他の著作 2009年度版「要点整理と問題演習 販売士検定試験3級」共著
2013年度版「要点整理と問題演習 販売士検定試験3級」改訂版共著
研究経歴 「キャリア開発と人材育成手法に関する一考察」山形県立産業技術短期大学校庄内校紀要第9号P27~P34
「酒田市の商店街におけるマーケティングコミュニケーション戦略に関する一考察」山形県立産業技術短期大学校庄内校紀要第8号P49~P54
「平成22年度チャレンジショップ報告」山形県立産業技術短期大学校庄内校紀要第7号P43~P52
知的財産権
担当授業科目(学部) 経営学Ⅰ(現代企業経営)、経営学Ⅱ(経営管理論)
担当授業科目(大学院)
教育実績 詳細
指導ゼミ論文 H22 「PB商品の現状とこれから」「ファッション雑誌の付録による効果について」「今後のブライダルマーケティング」(前任校)
H23「酒田市中通り商店街の現状とこれからの取り組み」「今後のブライダルマーケティング予測」「UNIQLOのSPA戦略と今後の展開」(〃)
H24「インターネットショッピングの現状と今後の課題」「観光振興とそれを支える旅館の役割」「ホームセンターコメリの成長戦略」(〃)
H25「PB商品の今後の方向性」「インドネシアにおける日本企業の新市場開拓戦略」「ジブリ作品を手掛けた宮崎駿氏の軌跡」(〃)
所属学会 商品開発・管理学会、ドラッカー学会
免許・資格 日本商工会議所販売士1級、(一社)日本販売士協会登録講師
社会・地域での活動 (委員等)山形県消費生活審議会、鶴岡市水道経営事業審議会、鶴岡市子ども読書活動推進委員会、鶴岡市男女共同参画推進懇談会、遊佐町稲川地区「稲川まちづくり計画」策定事業・アドバイザー、山形県消費者教育推進セミナー・パネリスト
(研修・講習会講師)庄内直売組織連絡会議研修会、庄内町新産業創造協議会セミナー、最上地域雇用創造推進協議会、東北公益文科大学連携「地域ふれあい講座」、鶴岡及び酒田商工会議所主催「2,3級販売士」資格更新講習会、庄内地域産業振興センター主催「マーケティングセミナー」「ドラッカー読書会」等
受賞
E-mail
戻る