山口 泰史
やまぐち やすふみ、Yasufumi YAMAGUCHI
1972年生・岐阜県出身
特任講師
最終更新 2017年4月28日
学位 博士(学術)(東京大学,2017年)
最終学歴 東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程単位取得(2001年3月)
職歴 (株)荘銀総合研究所(現・フィデア総合研究所)(2001年4月)
東北公益文科大学特任講師(2014年4月、フィデア総合研究所より出向)
メッセージ 民間企業に長く勤めておりましたが、人事担当者に聞くと、「学ぶ姿勢=問題意識と好奇心」を持っているかを非常に重視するそうです。4年間、いろんなことにチャレンジしてください。
教育・研究活動状況
研究分野 人口地理学
研究テーマ 戦後日本の人口移動の動向
若者のUターン移動の実態
少子高齢化と将来人口
共同・受託研究実績 詳細
論文・作品 詳細
研究著書 1.山口泰史(2002):地方の時代と若年層の地元定着.荒井良雄・川口太郎・井上孝編『日本の人口移動 ライフコースと地域性』古今書院,pp.35-54.
2.江崎雄治・山口泰史・松山薫(2007):山形県庄内地域出身者のUターン移動.石川義孝編著『人口減少と地域 地理学的アプローチ』京都大学学術出版会,pp.171-190.
3.山口泰史(2012):山形県出身者のUターン者と非Uターン者の意識構造.経済地理学会北東支部編『北東日本の地域経済』八朔社,pp.305-322.
国内会議発表 詳細
国際会議発表
その他の著作 詳細
研究経歴
知的財産権
担当授業科目(学部)
担当授業科目(大学院)
教育実績 詳細
指導ゼミ論文
所属学会 日本地理学会、人文地理学会、経済地理学会、東北地理学会、日本人口学会、日本観光研究学会、日本・トルコ協会、山形歴史たてもの研究会
免許・資格
社会・地域での活動 詳細
受賞
E-mail
戻る