MENU

閉じる

閉じる

HOME > 学生生活 > 学生メッセージ

学生メッセージ


学生活動
三上陽香さん 食べ物や人の温かさに感動。
庄内での学生生活を満喫しています。

甲田 勇希
(4年)※3年次インタビュー
東京都立向丘高等学校 出身


 母方の祖父母が住んでいたため小さい頃から庄内になじみがあったこと、教員免許がとれることが決め手となり公益大に進学しました。入学してみて感じたのは人が東京よりあったかいこと、そして実際に暮らしてみると、何よりも水が、食べ物が、米が美味しいことに感動しました。地域課題の解決に取り組むプロジェクト型応用演習では、「庄内の高校に都会の高校生を越境入学させられないか」という課題に挑戦。課題の解決に直接的には結びつきませんでしたが、日本の学校教育について考えるとても良い機会になりました。将来の夢は生徒に信頼される先生、もしくは地域に根付いた警察官になること。そのために、法学を軸にした専門演習での学修や実践演習、教職課程や公務員試験の勉強などに精力的に取り組んでいくほか、2018年度隊長としての「酒田おもてなし隊」の活動もメンバーと力を合わせて頑張っていきたいと思います。

三上陽香さん 児童福祉に興味。今後に活かしていく。
困っている人を支援できる力を身につけたい。

三浦 涼乃
(4年)※3年次インタビュー
福島県立安達高等学校 出身

 大学選びは正直最後まで悩みましたが、学生と教員の距離が近い点や自然豊かなキャンパスの雰囲気が私に合っているという高校の先生の薦めもあり入学を決めました。入学後はドミトリーに入寮。そこから友達の輪が広がっていったほか、バドミントン部のサークル活動やアルバイトなど人間関係にも恵まれ充実した毎日を送っています。2年次からは地域福祉コースに所属。なかでも、2年次の春学期に受講した竹原教授の「児童福祉論」が面白く、児童虐待や子どもの貧困など“児童”を対象にした福祉に興味が出てきました。将来の選択肢の一つとしてあるのがスクール(学校)ソーシャルワーカー。スクールカウンセラーとは異なり、社会福祉等の専門知識を用いて児童生徒の課題解決を援助するところに魅力を感じています。まだまだ学ぶことが多いですが、困っている人の力になれるよう力をつけていきたいと思います。