MENU

閉じる

閉じる

HOME > News&Topics > 【7月3日(月)】グローバル・レクチャー「ヨーロッパ文学の世界的広がりについて」を開催します

News&Topics

【7月3日(月)】グローバル・レクチャー「ヨーロッパ文学の世界的広がりについて」を開催します


イベント
 7月3日(月)、コネティカット中央州立大学英文学部教授、キャンディス・バリントン氏をお招きし、グローバル・レクチャーを開催します。

 バリントン教授は、本学国際教養コースの狩野准教授と、中世イギリスの詩人ジェフリー・チョーサーについて共同研究をしており、そのつながりで今回来庄することとなりました。二人が研究対象としているチョーサーの著書『カンタベリー物語』には、登場人物が各地を巡礼しながら面白い話やためになる話をする場面があり、それになぞらえて、バリントン教授も庄内各地の霊場を巡礼する予定です。
 バリントン教授は中世英文学に関する論文を多数執筆するなどヨーロッパ文学に造詣が深いことから、今回グローバル・レクチャー(公開講座)としての講演を企画しました。通常の講義の形で実施しますが、一般市民の方の参加も可能ですのでぜひお越しください。

 詳細はこちら⇒PDFファイル(348KB)


※ジェフリー・チョーサー(Geoffrey Chaucer:c1340-1400)
 中世イギリスの詩人。代表作に『カンタベリー物語』、『トロイラスとクリセイダ』などがある。
彼の作品には、大陸の伝統を大いに取り入れつつ、ユーモアに富み、鋭い人間観察による人物描写が随所にあらわれる。英詩の父とも称される。
 

■日時 7月3日(月) 14時40分~15時40分

■場所 東北公益文科大学公益ホール 中研修室1

■参加費 無料 ※英語で講義しますが、適宜、日本語での解説を加えます。

■申し込み・問い合わせ
 東北公益文科大学 広報担当・池田
 TEL: 0234-41-1117
 E-mail koho@koeki-u.ac.jp