MENU

閉じる

閉じる

HOME > News&Topics > 【6月17日(土)】公開シンポジウム「ニュージーランドと日本のスポーツ交流の過去・現在・未来」を開催します

News&Topics

【6月17日(土)】公開シンポジウム「ニュージーランドと日本のスポーツ交流の過去・現在・未来」を開催します


イベント
 6月17日(土)、本学で、日本ニュージーランド学会第24回研究大会 公開シンポジウム「ニュージーランドと日本のスポーツ交流の過去・現在・未来」を開催します。
 
 本学にはニュージーランド研究所や図書館内に「ニュージーランド文庫」があるほか、短期語学留学で毎年数名の学生がニュージーランドを訪問するなど、開学時からニュージーランドとの結びつきが強いという特長があります。さらに、2020年東京オリンピック・パラリンピックの際のニュージーランド・トライアスロンチームのホストタウンに、本学がある酒田市が登録されることも決定し、ニュージーランドとの結びつきはさらに深まることが予想されます。
 シンポジウムでは、駐日ニュージーランド大使のスティーブン・ペイトン閣下から基調講演をいただいたのち、シンポジウム形式での発表とパネルディスカッションを行います。
 みなさま、ぜひお越しください。


 詳細はこちら⇒PDFファイル(1721KB)


 ■開催日時 2017年6月17日 13時30分~17時00分

 ■開催場所 東北公益文科大学酒田キャンパス教育研究棟3階 大教室(301教室)

 ■参加費 無料

 ■事前申込 不要


 ◎基調講演
   「ニュージランドと日本 ~近年の交流について~」
   (駐日ニュージーランド大使:スティーブン・ペイトン閣下)


 ◎シンポジウム  コーディネータ:澤邉みさ子(東北公益文科大学教授、ニュージーランド学会理事長)
   1.「武道を通したニュージーランドと日本の交流の歴史」
    (関西大学国際部教授:アレキサンダー・ベネット氏)

   2.「ニュージーランドと日本のスポーツ交流の現在」
    (駐日ニュージーランド大使館エグゼクティブオフィサー:宮崎智世氏)

   3.「ニュージーランドにおける障害者の社会参加とスポーツ」
    (東北公益文科大学教授、ニュージーランド学会理事長:澤邉みさ子)
 

 【お問い合わせ】
 東北公益文科大学 ニュージーランド研究所(武田)
 TEL:0234-41-1111 FAX:0234-41-1184 E-mail:takeda@koeki-u.ac.jp