平尾のページに戻る 教員紹介に戻る

平尾の職歴

■1990-2004: 日本アイ・ビー・エム株式会社
  SE(システム・エンジニア)として、大規模SIやデータ・モデリング、オープンシステムの設計
  などに携わる。その後、社内人材公募制度を活用して IBM大和研究所に異動。
  日本初となる暗号化したソフト・ウェアのダイレクト販売モデル構築を手がける。
  2000年からは、IBMのe-business戦略を担当するマーケティング部門に異動し、企業
  ブランディングの戦略立案を担当する。
  Position:Senior IMC Specialist

■2004-2006: MRM Worldwide Inc.(McCANN World Group)
  CRMの戦略コンサルティング・サービスを日本マイクロソフトに提供し、One to Oneマーケ
  ティングの実践と定着化をサポート。エージェンシー業界初となる個人情報法保護法に対応
  したセキュリティ・マーケティング・ソリューションを開発し、サービス提供を実現。
  着任当初数名規模だった営業部を、組織変革と売り上げ増で数倍の規模に拡大。
  Position:Senior Director

■2006-2009: GE Japan Corporation
  戦略企画&マーケティング担当として、戦略開発やその実践を担当し金融サービスから不動
  産サービス、人材開発、リクルーティングなど、GEの幅広い業務エリアに対応するマーケティングや
  社内研修などを担当。
  GEをマーケティング志向の会社へ変革させていく社内プロジェクトの推進プロジェクトにも携わる。
  Position:Strategic Planning & Marketing Director

■2009-2009: Scient Corporation
  e-businessの戦略的コンサルティング・サービスを提供し、ebayやMLBのweb戦略を担当した
  Scientが本格的にマーケティング事業を立ち上げることになり、そのミッションを担当すべくScinetへ
  転職。しかし、その後発生したリーマンショックにより計画が中止となり退職。自ら新しいコンセプトの
  マーケティング・コンサルティングサービスの立ち上げを目指す。

■2009-現在: ShareINITIATIVES
  これまでの経験を生かし、マーケティング・コンサルティングサービスを提供するエージェンシーを設立。
  主にIT企業を中心に、コンサルティングや研修サービスを提供。
  Position:Founder & CEO

■2010-2012: 国立大学法人山形大学 
  大学の競争力強化活動の一環として実施されていた公募により、2010年から約3年間 
  大学変革プロジェクトを担当する教授として着任。
  ①大学のマーケティング戦略の立案とCRMなどのエンロールメントマネジメントシステムの構築。
    http://www.microsoft.com/ja-jp/casestudies/yamagata-u.aspx
  ②地域貢献として、県庁や地元企業向けにマーケティングの研修を開発・実施。
  ③学生向けマーケティング授業の実施等。
  Position:エンロールメント・マネジメント部 教授

■2011-現在: NPO法人 子ども未来教室(http://cspro.netj.jp/)
  子どもの視点を大切にした東日本大震災以降の子ども支援活動として、主に以下の3つの活動を
  中心に、子どもの声に耳を傾け、社会に発信する活動を行っている。
   ①子ども未来白書:
      福島、宮城、山形を中心に中高生対象に広くアンケート調査を実施。
      内容を子どもの声として「子ども未来白書」にまとめて行政や社会に発信する活動。
   ②子ども未来放送局:
      子ども達が自らの興味関心対象に、”子どもレポーター”として取材し、3分程の番組をつくり
      発信する活動。
   ③子ども未来サミット:
      白書と放送局の内容を社会に発表するためのイベント。大人と子ども達が自由に話し合う
      場所の構築を目指して実施。
   Position:代表理事 

■2014-現在: 東北公益文科大学
  Academic&NPO&Businessをつなげ、シナジー効果を生み出す方法を研究。
  公益学は、未来を生み出し、社会を良い方向に変えていく学問であるとの信念から、
  地方創生の活動に挑戦中。
  主に、起業家養成と次世代リーダーシップの開発プロジェクトに携わる。
  

平尾のページに戻る  教員紹介に戻る