東江のページに戻る 教員紹介に戻る

東江の論文・作品

・「ナショナリズム論から見たモロ諸族の政治運動 第1部」沖縄大学地域研究所『所報』23号、2001年10月
"Political Movements of the Moros from the Perspective of nationalism Part1" , 『Shoho』No.23, Okinawa University Regional Research Institute. Oct. 2001.

・「ナショナリズム論から見たモロ諸族の政治運動 第2部」沖縄大学地域研究所『所報』26号、2002年2月
"Political Movements of the Moros from the Perspective of nationalism Part2", 『Shoho』No.26, Okinawa University Regional Research Institute. Feb. 2002.

・「アメリカ統治下のモロ諸族の抵抗運動」沖縄大学地域研究所『年報』第16号、2002年3月
"Resistance Movement of the Moros under the American Rule", 『Annual Report』No.16, Okinawa University Regional Research Institute. Mar. 2002.

・「発展途上国におけるガバナンス論議の矛盾:国際機関の開発戦略と発展途上国国家論、その変遷と矛盾」沖縄大学地域研究所『地域研究』第1号、2005年6月
"Contradictions between Governance Approaches for Developing Nations: Transformation of the Developing Strategies of International Organizations for Developing Nations, Transformation of the Theory of the State, and the Contradictions between the Two Approaches", 『Area Studies』No.1, Okinawa University Regional Research Institute, June. 2005.

・「フィリピン地方都市における非伝統的政治のダイナミクス:非伝統的政治家の可能性と限界」名古屋大学大学院 国際開発研究科『国際開発フォーラム』35号、2007年8月
"Dynamics of Non-Traditional Politics in a Philippine City: The Possibilities and Limitations of Non-Traditional Politicians", 『International Development Forum』No.35, Graduate School of International Development, Nagoya University, Aug. 2007.

・「フィリピン地方政治権力構造認識の変遷」金沢大学経済学経営学系『経済論集』第37巻2号、2017年3月
"The Development of Theory of Local Political Power in the Philippines", 『Kanazawa University Economic Review』 37(2), Mar. 2017.

・「フィリピン市民社会勢力の地方政治権力獲得」『平和研究』第50号、日本平和学会編、2018年12月
"Acquisition of local political power by Filipino civil society forces", 『Peace Studies』No.50, Peace Studies Association of Japan, Dec. 2018.

・「冷戦後のフィリピンの米国の属国化による安全保障」東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会編、『東アジア共同体・沖縄(琉球)研究』第3号、2019年8月
"Security of the Philippines by Becoming the Client State of the U.S. after the Cold War", 『East Asian Community and Okinawa (Ryukyu) Studies』No.3, East Asian Community and Okinawa (Ryukyu) Studies Association ed, Aug. 2019.

・「ドゥテルテ政権のフィリピン外交―大国の狭間の小国外交、その自立と従属、そして平和―」、東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会編、『東アジア共同体・沖縄(琉球)研究』第4号、2020年11月
"Philippine Diplomacy of Duterte administration---Security Policies of a small State sandwiched between Super Powers: its independence andsubordination, and peace---", 『East Asian Community and Okinawa (Ryukyu) Studies』No.4, East Asian Community and Okinawa (Ryukyu) Studies Association ed, Nov. 2020.


東江のページに戻る  教員紹介に戻る