MENU

閉じる

閉じる

HOME > 学生生活 > 学費・奨学制度 > その他の奨学制度

その他の奨学制度


お知らせ

本学では、各入学試験にさまざまな種類の奨学制度を導入しています。
詳細についてはこちらをご覧ください。

日本学生支援機構などの奨学制度の詳細は、各団体のホームページを確認するか、
教務学生課までお問い合わせください。

日本学生支援機構奨学金

経済的に修学が困難である優れた学生に対し、日本学生支援機構がおこなう奨学金貸与制度です。
概要は以下のとおりです。

種 類 第一種奨学金(無利子)
(所得連動返済型無利子奨学金含む)
第二種奨学金(有利子)
貸与月額 自 宅 54,000円
自宅外 64,000円
または、30,000円(自宅・自宅外)
3・5・8・10・12万円から
1種類を選択できます。
学力基準 (1学年) 高等学校等最終2か年の
評定平均値が3.5以上
出身学校における成績が
原則として平均水準
(2学年以降) 修得科目の成績が上位3分の1以内 修得科目の成績が
原則として平均水準以上

●新入生を対象に、入学時の一時金として10・20・30・40・50万円を支給する
 「入学時特別増額貸与奨学金(有利子)」があります。
●家計基準・学力基準等を満たす場合、
 第一種、第二種奨学金の両方の貸与(併用貸与)を受けることができますが、
 貸与総額が多額になりますので、卒業後の返還する場合のことを考えて慎重に選択をおこなってください。
●貸与中、所定の手続きをおこなうことにより、月額変更等が可能です。


◇大学入学後に奨学金貸与を希望する学生
(1)募集時期
  ① 4月に定期募集を行います。
  ② 家計の急変や災害にあったときは、年間を通して奨学生の申込みを受け付けます。
(2)貸与期間
  修業年限の修了月までです。
  ただし、年度ごとの手続きが必要です。
(3)申込手続
  奨学金ガイダンスにおいて申込手続きの説明をおこないます。
  申込みには、高校等最終2か年の調査書、父母の所得証明書等が必要です。
  このほかに大学が求める書類を提出していただく場合があります。
(4)選考
  申込者の学力・家計基準等を総合的に審査し、推薦者を決定します。
  推薦は本学の採用定員の範囲内でおこなわれます。
(5)初回振込時期
  定期募集で採用となった者の振込開始は、6~7月となる予定です。


災害救助法適用地域の世帯の学生に対する緊急・応急採用

災害により家計が急変したことにより、日本学生支援機構の緊急・応急採用奨学金を希望される場合、
また、災害救助法の適用を受けない近隣の地域で、同等の災害にあった世帯の学生並びに同地域に勤務し、
勤務先が被災した世帯の学生で同等の災害にあったものについても推薦できる場合があります。
(詳細は日本学生支援機構の当該ページをご確認ください)

該当する学生は、教務学生課までご相談ください。

地方自治体の奨学金

保護者の居住している都道府県および市区町村にて直接募集を行うものが多いので、
あらかじめその地域の教育委員会等関係機関に確認してください。

県内の奨学金事業については、山形県ホームページの「山形県内奨学金事業一覧」などが参考になります。


※申込みのとき指定の在学証明書、推薦書等が必要な場合は、教務学生課にお申し出ください。
※日本学生支援機構奨学金との併用が認められないものが多くなっています。

民間育英団体の奨学金

募集方法は、大学が依頼されて学内募集するものと、関係団体が直接募集するものがあります。
大学を通しての募集は少なく、募集時期も一定していないので、通常は直接各団体への問い合わせが必要になります。
学内での募集情報については随時学内に掲示しますので、教務学生課に相談してください。

※このほか、国民生活金融公庫、銀行、信用金庫等の金融機関で教育ローンを取り扱っています。