MENU

閉じる

閉じる

HOME > 学部学科・大学院 > コース > 地域福祉コース

地域福祉コース


地域福祉コース

地域福祉の仕組みを創り、
マネジメントする人材を育成
<地域経営系>地域福祉コース


1. 社会福祉全般について幅広く学ぶ
2. 実践的に社会福祉の課題に取り組む
3. 地域の福祉課題を発見し、他者と連携して解決できる人材になる

[ 地域福祉コースの特徴 ]
 これからの福祉を「公益」「地域」の視点から見てみると、大切な「住民同士の支え合いの力を発揮する仕組み」の維持または構築が特に未成熟と言えます。
 そこで地域福祉コースでは、社会福祉に関する基本的な知識や福祉の現場での課題などについて幅広く学修します。地域福祉演習をはじめとする実践科目を通して、高齢者の孤立の防止など具体的な地域課題への解決策の検討をはかりながら、地域の人や団体をつなぎ連携する力を身につけ、地域福祉の仕組みを創りマネジメントできる人材を養成していきます。
 社会福祉士国家試験に必要となる科目を多数配置していることから、社会福祉士を目指す人にもっとも適したコースです。