MENU

閉じる

閉じる

HOME > 学部学科・大学院 > 人材育成強化科目

人材育成強化科目



地域のネットワークと
大学が一体となって「ひと育て」


4単位以上履修

 知識はそれを活かし実践することで、さらに大きな価値を生み出します。本学では、地域に出て知識を活用する学びを重視。人材育成強化科目の応用演習科目に「インターンシップ」「プロジェクト型応用演習」「競争型課題解決演習」「課題解決実践演習」を設置し、その中からいずれか4単位以上を履修することを義務づけています。
 これらの演習で学生たちは、実際の課題と向き合い、課題発生の要因を分析し、それに対する解決方法を一人ひとりが模索。グループで議論し意見を集約、提案・発表します。
 実践で得た疑問や課題を大学に持ち帰り学び、次の実践の場で活用してみる、こうした繰り返しの学びを通じて着実に力を身につけていきます。

プロジェクト型応用演習 競争型課題解決演習 インターンシップ
上のボタンを押すと、指定の場所へ飛びます。


[プロジェクト型応用演習]
 地域や社会の課題について、発生する背景等を考察し、調査・分析等により課題解決策を見出し実践する力を育成します。

2015年度開講例
庄内の観光演習-地域を伝える人材になるために- 小中学生対象の「公益」を考える授業実践 「酒田魅力マップ」の作成
現地のフィールドワーク等を踏まえて自らのテーマを設定。庄内の隠れた魅力発信を行いました。 子どもの頃に「公益」の視点で物事を考える機会をつくることを目的に、教材開発、授業実践を行いました。 公的施設等の位置情報しかなかった市のマップに住民目線の身近な情報を加える作業を行いました。
販売実践プロジェクト 地域コミュニティにおける「防災」の仕組みづくり 「老い」を主体的に考える市民意識の育成
経営計画書作成(仕入れ、損益計算書等)等を経て実際の店舗での販売に挑戦しました。 「防災・減災」をテーマとした地域コミュニティづくりの一環の「地域支え合い防災マップ」づくりに参加しました。 「市民中心」の新しい仕組みづくりの一歩として老いや最期についての市民意識の醸成に取り組みました。

2016年度の開講科目
・モノづくり、店づくり、物流ネットワークの現場を知るプロジェクト:[春学期]
・販売実践プロジェクト:[A1クォーター]
・「国民年金」加入行動啓発プロジェクト:[春学期]
・地域包括ケアシステムへの学生・市民の参画プロジェクト(1):[S2クォーター]
・地域包括ケアシステムへの学生・市民の参画プロジェクト(2):[A2クォーター]
・地域コミュニティにおける「防災」の仕組みづくり(58)(酒田市飛島):[春学期]
・庄内の達人プロジェクト~聞き書きからみる地域・鶴岡市加茂地区~(1):[春学期]
・庄内の達人プロジェクト~聞き書きからみる地域・鶴岡市加茂地区~(2):[秋学期]
・宮野浦の地域計画:[春学期]
・地方自治体の地方創生と産業振興政策を考える:[S2クォーター]
・地域コミュニティにおける「防災」の仕組みづくり(5A)(酒田市日向):[春学期]
・地域コミュニティにおける「防災」の仕組みづくり(6)(酒田市日向):[秋学期]
・酒田市公式のさかたまっぷに「酒田の魅力マップ」を(1):[S2クォーター]
・酒田市公式のさかたまっぷに「酒田の魅力マップ」を(2):[A2クォーター]
・Koeki Kids Project(a):[春学期]
・Koeki Kids Project(b):[秋学期]
・酒田おもてなし隊(1):[春学期]
・酒田おもてなし隊(2):[秋学期]
・学生酒田地域づくり女流塾:[春学期]



[競争型課題解決演習]
 企業や地域の各種団体から提示された課題に対して複数の学生・教員チームが競い合って取り組み課題解決策を提案します。

2015年度開講例
震災振興教育プロジェクト 庄内経営者塾 道の駅鳥海ふらっと 公益活性化プロジェクト
東日本大震災への被災者等への支援活動における具体的な課題への解決策を提案しました。 ビジネスプラン作成や起業イベントへの参画を通じて、起業に必要なスキルと実践力を身につけました。 遊佐町にある道の駅鳥海ふらっとのさらなる活性化に向け、売り場改善等の提案を行いました。

2016年度の開講科目
・震災復興教育プロジェクト:[秋学期]
・庄内経営者塾:[春学期][秋学期]
・庄内の公共施設の役割を改めて考える:[S2クォーター]
・JA庄内たがわ枝豆オンリーワンプロジェクト:[春学期]



[インターンシップ]
 一週間程度、企業等で行う就業体験。通常のインターンシップと、経営トップから直接学ぶ社長インターンシップがあります、希望する学生は基本的に全員受講できるので、在学生の約半分が受講。受け入れ先も多岐に渡っており、学生たちの進路選択、職業理解において非常に有意義な機会になっています。

インターンシップ


 企業、団体ならびに官公庁における就業体験を通し、職業観を育成するとともに、社会人力を磨きます。
 実際の実習はもちろん、事前指導(マナー研修、パソコン研修等)、事後指導(報告資料作成、報告会参加)を徹底し、実習効果を最大化する工夫を行っています。
 ⇒2015年度 インターンシップ参加学生による報告はこちらこのリンクは別ウィンドウで開きます



課題解決実践演習(長期インターンシップ)
 6~8週間程度、企業等で行う「長期インターンシップ」。短期のインターンシップよりもさらに実践的に、じっくりと時間をかけて課題に取り組むことができます。
 2015年度は、民間企業で3年生1名が実習。企業が運営する結婚式場の売り上げアップのための企画立案に挑戦しました。
 ⇒第2クォーターを活用した長期インターンシップを行いました



社長インターンシップ
 大学生が社長の日常に密接する特別な就業体験プログラムです。学生は「かばん持ち」のように社長と行動を共にすることにより、経営トップの考え方を学び、社会人力を磨きます。






コラム


一流体験合宿型プログラム
 日本を代表する一流の仕事や文化に触れて、感性を磨くユニークな体験学習プログラム。本学後援会の協力により、学生は、5,000円程度の費用負担で参加することができます。昨年度はカルビーや凸版印刷等の一流企業で講話をいただいたほか、博物館見学・歌舞伎鑑賞なども行いました。