MENU

閉じる

閉じる

HOME > News&Topics > 【12月12日(水)】平成30年度公益信託荘内銀行ふるさと創造基金支援事業 私立大学研究ブランディング事業 シンポジウム「過去・現在・未来をIT技術で繋ぐデジタルアーカイブ」を開催します

News&Topics

【12月12日(水)】平成30年度公益信託荘内銀行ふるさと創造基金支援事業 私立大学研究ブランディング事業 シンポジウム「過去・現在・未来をIT技術で繋ぐデジタルアーカイブ」を開催します


イベント
 12月12日(水)、本学にて、平成30年度公益信託荘内銀行ふるさと創造基金支援事業 私立大学研究ブランディング事業 シンポジウム「過去・現在・未来をIT技術で繋ぐデジタルアーカイブ」を開催します。

 本学は平成29年度 文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」に採択されました。同年11月には「文化財デジタル化研究所」が大学に設立され、地域資源データの収集およびその活用、モーションキャプチャー等IT技術を活用した地域民俗芸能の記録とCG化による伝承環境構築、地域資源のデジタル化を通じた人材育成プログラムの開発等に取り組んでいます。このシンポジウムでは、本事業について報告するとともに、地域文化のデジタルアーカイブ化における大学と地域の役割について意見交換を行い、庄内地域文化継承についての将来への可能性と実現性について討議します。

 ⇒詳しくはこちら(チラシ)PDFファイル(2209KB)
 ⇒face bookはこちら


■日時:2018年12月12日(水) 13時30分~15時30分

■会場:東北公益文科大学 中研修室2(公益ホール2階)

■内容
第一部 基調講演「大仙市アーカイブズのデジタルアーカイブへの取組」 
大仙市アーカイブズ 主席主査 高橋 一倫氏

第二部 パネルディスカッション「地域文化を未来に繋ぐ-デジタルアーカイブの視点から-」

パネリスト
高橋一倫氏 (大仙市アーカイブズ主席主査)
上野由部氏 (公益財団法人 黒川能保存会 事業執行理事 公益財団法人 王祇会館 館長 黒川春日神社下座 能太夫(座長)20世)
玉本英夫氏 (本学 特別招聘研究員)
小関久恵 (本学 講師)
コーディネーター
渡辺暁雄 (本学 准教授)

■入場料:無料

■お申し込み方法
電話・FAX・Eメールのいずれかにより、お申し込み下さい。
(①お名前、②ご住所、③お電話番号、④メールアドレス、⑤ご所属先の5項目をお知らせください。)

■お申し込み先
東北公益文科大学 大学戦略推進室
TEL:0234-41-1119 FAX:0234-41-1133
E-mail:senryaku@koeki-u.ac.jp(E-mail利用の場合は@マークを半角に直してください)


主催:東北公益文科大学、東北公益文科大学 文化財デジタル化研究所
共催:日本地域課題解決学研究会