MENU

閉じる

閉じる

HOME > 国際交流 > アメリカ中期語学留学

アメリカ中期語学留学



英語を学びながらネブラスカ州の
広大な自然や歴史を体感しよう


ネブラスカ州オマハ市にあるクレイトン大学に留学。ホームステイまたは大学学生寮に宿泊しつつ、英語を学びます。

2015年度 留学実績
留学先大学
クレイトン大学
期間
2015年6月~8月【3ヶ月間】
留学人数
2名

■クレイトン大学概要
私立クレイトン大学(ネブラスカ州オマハ市)
1878年創立。7学部を擁し約7,000人の学生が在籍しています。
中西部にある大学の中でも高い評価を受けている大学です。


~留学生インタビュー~

小河原 佳奈(3年) 山形県立鶴岡北高等学校 出身
Q.留学期間はどのくらい?
A.2年次の6月から8月にかけての約3ヶ月間です。今年度から始まったクォーター制で中期留学にも行きやすい環境が整ったので早速活用しました。初めての留学だったのでちょうど良い期間でしたが、帰る頃にはもう少し長くいたいと感じました。

Q.どのような生活を送っていたの?
A.平日は8時頃登校し、大体14時まで留学生向けの特別語学留学プログラムの授業。帰宅後は家で勉強したり買い物に出かけたり、ホストファミリーのお手伝いもしていましたよ。

Q.現地の授業は、日本と違うの?
A.私が受講したプログラムは、大体が10人以下の少人数授業で発言を求められる機会が多くありました。会話はまだまだですが、読み書きなどの総合的な語学力は上達したと感じています。

Q.留学を通じて、自分が変わった部分ってある?
A.留学でさまざまな人と出会い交流した事で、日本にいたら気づかない事にも多く気づかされました。自分の意見をはっきりと伝える事の大切さ、何事にもとことんチャレンジしてみる精神は、今まで以上に今後も意識していきたいと考えています。