MENU

閉じる

閉じる

HOME > 学部学科・大学院 > コース > 地域福祉コース

地域福祉コース


地域福祉コース

地域福祉の仕組みを創り、
マネジメントする人材を育成
<地域経営系>地域福祉コース


1. 社会福祉全般について幅広く学ぶ
2. 実践的に社会福祉の課題に取り組む
3. 地域の福祉課題を発見し、他者と連携して解決できる人材になる

[ 地域福祉コースの特徴 ]
 地域福祉コースでは、福祉サービスを利用する人々のかけがえのない人生や生活に対して、しっかりと責任を果たすことができる力をもった福祉人材を養成・輩出し、公益社会の実現に寄与することを使命としています。
 コース主軸である国家資格の社会福祉士養成では、主担当教員と綿密な対話型の面談指導(スーパービジョン)に加え、副指導教員による面談指導(セカンドスーパーピジョン)も実施し、コース教員の専門性を最大限に活用した教育を行っています。また、学生同士が社会福祉士の実習経験を共有して、実習経験の意味づけを深める相互学習(ピアスーパービジョン)も行っています。4年次には授業時間外に社会福祉士受験対策講座を開講し、コース所属教員を中心に重要ポイントを解説しつつ、学生同士のグループ学習も実施することで、現役合格を目指していきます。