HOME > 入学案内 > 入学試験 > 受験上の注意

受験上の注意


1.受験上の注意

1.受験票の交付について
○出願書類に不備がないことを確認のうえ、受験票を返送します。
○試験日の2日前の時点で受験票が未着の場合は、本学入試事務室までお問い合わせください。

2.受験票の携帯等
○交付された受験票は必ず携帯し、入場・入室の際に提示してください。また、休憩時間に席を離れる際にも
 必ず携帯してください。
○受験票を忘れたり紛失した場合は、試験開始前に係員に申し出て、仮受験票の交付を受けてください。

3.試験時間中に机の上に置けるもの
○受験票のほかに試験時間中、机の上に置けるものは次のとおりです。
 ・鉛筆またはシャープペンシル(HBまたはB、和歌・格言等が印刷されているものは不可)、
  鉛筆キャップ
 ・プラスチック製の消しゴム
 ・鉛筆削り(電動式・大型のもの・ナイフ等は不可)
 ・時計(辞書、電卓、端末等の機能があるものや、それらの機能の有無が判別しづらいもの、秒針音のする
  もの・キッチンタイマー・大型のものは不可)
 ・眼鏡、ハンカチ、薬(目薬を含む)、ティッシュペーパー(袋又は箱から中身だけ取り出したもの)

4.試験科目・試験会場の変更等
○出願書類提出後の試験科目および試験会場の変更は認めません。

5.入室時間等
○各試験室への試験開始15分前までに入室してください。各試験会場へは、9時30分から入場できます。
○携帯電話およびスマートフォン等は、試験会場となる建物内では必ず電源を切っておいてください。
○時計の使用は計時機能だけのものに限ります。
○試験時間中は試験室から退室できません。体調不良、トイレ等により、やむを得ず退室を希望する場合には
 手を挙げて係員に知らせ、その指示に従ってください。
○試験開始20分以降は入室を認めません。また、20分以上の遅刻者は受験放棄とみなし、同日中に行われる他
 の科目も受験できません。
○受験票は試験後も大切に保管してください。

2.その他

○試験当日、会場付近にて勧誘される合否電報・電話取扱い等は、本学とは一切関係ありません。
○病気や負傷、障害等のある受験者で、受験の際に特別の配慮を必要とする場合は、出願前に本学入試事務室
 まで申し出てください。
 ※受験上の配慮についてはこちらから
○昼食は各自で用意してください。