HOME > 国際交流 > アメリカ短期語学留学 > クレイトン大学

クレイトン大学


学生活動


英語を学びながらネブラスカ州の
広大な自然や歴史を体感しよう


自然豊かなネブラスカ州オマハ市にあるクレイトン大学で、ホームステイをしながら英語を学びます。
2019年度 留学実績
留学先大学
クレイトン大学
期間
2019年8月17日(土)~9月8日(日)【23日間】
留学人数
5名
費用助成
総額405,348円の内、
 216,000円×5名を大学が助成

■クレイトン大学概要
私立クレイトン大学(ネブラスカ州オマハ市)
1878年創立。7学部を擁し約7,000人の学生が在籍しています。
中西部にある大学の中でも高い評価を受けている大学です。

~留学経験者インタビュー~
本当に温かったローレンス家での
ホームステイが一番の思い出。



遠藤 光(2年) 山形県立山形南高等学校 出身
Q.ホームステイはいかがでしたか?すぐ慣れましたか?
A.ホストファミリーのローレンス家が本当に温かい家庭で、ショッピングや野球、映画などいろんな場所に連れていってもらい、バスケやキャッチボールなども一緒にしました。

Q.留学で驚いたことってある?
A.アジア人でもじろじろ見られたりすることなく、行く店行く店で「どこから来たの?」「日本のこと教えてよ」など、皆とてもフレンドリーだったことは驚きでした。

Q.留学での一番の思い出ってどんなこと?
A.ホストファミリーに連れて行ってもらったアメフト観戦。スタジアムがチームカラーの赤一色に染まったのは圧巻でしたし、勝って皆でハイタッチで喜び合ったのもいい思い出です。

Q.この経験を、今後にどう活かしていきたい?
A.細かいニュアンスを伝えることが難しく、言いたいことが伝えられない歯がゆい思いもしました。英語の勉強を継続して続けて、またオマハに行きたいと思っています。