MENU

閉じる

閉じる

HOME > News&Topics > 「第1回 令和の年金広報コンテスト」で厚生労働大臣賞(最優秀賞)を受賞しました

News&Topics

「第1回 令和の年金広報コンテスト」で厚生労働大臣賞(最優秀賞)を受賞しました


学生活動

 本学の阿部公一教授が担当する「プロジェクト型応用演習(国民年金加入行動啓発プロジェクト)」において、教授指導のもと学生グループが作成した動画が、厚生労働省主催「第1回 令和の年金広報コンテスト」動画部門において、最優秀賞となる厚生労働大臣賞を受賞しました!
 
 コンテストは、次世代を担う若い世代とともに年金について考えることを目的とされており、昨年8月~11月まで、ポスター部門・動画部門・自由形式部門の3部門で募集が行われました。本学からは、プロジェクト型応用演習および専門演習の成果物として6作品がエントリー。応募総数426件の中から、プロジェクト型応用演習Aチームの、作品タイトル『年金知らない人にクイズを出してみた』が見事、厚生労働大臣賞(最優秀賞)を受賞しました。

 動画を作成したのは、いずれも2年生の渡部謙史朗さん、須賀陸さん、今田清午さん、平岩愛貴さん、澤内拓実さんの5人。動画は、20歳前の学生や年金をよく知らない人を想定したクイズ形式の構成で、クイズを解きながら年金の知識が身につくものになっています。また、BGMを多く用いて楽しい雰囲気を出したり、引っ掛け問題を取り入れて見ている人が飽きないようにするなど、さまざまな工夫が凝らされています。
 1月15日(水)に厚生労働省で開催された「第1回 令和の年金広報コンテスト」表彰式には、チームの5名全員が出席。代表してリーダーの渡部さんが、加藤勝信厚生労働大臣から表彰状を授与されました。また、1月17日(金)には学内で記者発表を行い、動画のお披露目と概要説明を行いました。受賞を受けて、リーダーの渡部さんは、「みんなで頑張った甲斐があった。この動画をみて、年金に加入したほうがいいという意識を、より多くの若い世代の人が持ってくれたら嬉しい」と感想を述べました。

動画は、以下からご覧いただけます。みなさま、ぜひご覧ください。
  →動画を見る

加藤厚生労働大臣から賞状をいただくリーダーの渡部さん

前列)左から2番目が渡部さん、隣が加藤大臣、後列)左から5番目から順に、平岩さん、須賀さん、今田さん、澤内さん

学内の記者発表で動画をお披露目

左から、吉村学長、阿部教授、Aチームの5人、神田学部長