HOME > 学部学科・大学院 > 大学院 > 修士課程

修士課程


自らの専門とする領域の学問について深く理解するとともに、それ以外の領域の知見も取り入れて学びの幅を広げます

ポリシー

ディプロマポリシー(学位授与方針)、
カリキュラム・ポリシー(教区課程編成・実施の方針)、
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)はこちらからこのリンクは別ウィンドウで開きます

人材育成像

専門的知識と共創力を身につけた公務員
 公務員に必要な政策立案や公共経営に関する専門知識を身に付け、企業・非営利組織・市民等と連携・協働しながら、地域課題の解決に主体的に取り組むことができる人材

国際的視野を持ち地域経済を担うビジネスパーソン
 ローカル - グローバル - ローカル (LGL) の精神のもと、ローカル(地元地域)とグローバル(国際社会)を相互に結びつけ、グローバルなビジネスシーンに深いつながりを持ちつつ、地元地域のビジネスでも強いリーダーシップを発揮できる人材

地域共創・地域課題解決を担う市民
 市民の立場から官民の多様な組織、個人等との連携、協働を推進し、地域社会の複合的な課題の解決に主体的に取り組むことができる人材

公益的かつオープンな思考で問題に立ち向かう技術リーダー
 オープンデータ/オープンソースの思想を理解し、分け隔てなく情報交換するための意義と基盤技術を理解し、情報洪水に惑うことなく本質的に重要な情報を抽出し簡潔性を保持したまま機敏な処理を行ない判断に活かせる人材


カリキュラム

問題解決のステップにあわせ、基礎科目・方法論科目・専門科目・発展科目・プロジェクト科目・自由科目の6つの科目区分があります。
専門科目と発展科目は、「公共経営研究領域」「国際ビジネス研究領域」「地域共創・ソーシャルワーク研究領域」「情報科学研究領域」の4つの領域からなります。
4つの研究領域の中から、主となる研究領域を選択し専門的に学び、また、自分の研究目的に合わせて他の研究領域の科目を履修しながら、専門分野以外の知識・理論を踏まえて研究を進めることが可能です。

2020年度(令和2年度)修士課程カリキュラムはこちらからPDFファイル(285KB)このリンクは別ウィンドウで開きます


修了までの流れ

 標準修業年限は2年で、研究指導教員の指導を受けながら科目を履修し、修士論文執筆に取り組みます。「院生研究報告会」では、様々な分野の教員や他の学生との意見交換等により、 多角的な視点で自分の問題を見つめ直します。

時間割

社会人の就学に配慮し、平日の夜間と土曜日を中心に授業を開講します。

長期履修制度

修士課程の標準修業年限は2年ですが、仕事や家庭の都合で標準修業年限の間に30 単位を修得して修了することがむずかしい場合、申請が認められると、在学を3年または4年に延ばすことができます。授業料は2年間分を各年次で分割納付するため、経済的な負担も軽減します。(施設整備費および保険料は対象外)


修了要件

以下のすべての要件を満たした方に、「修士(公益学)」の学位を授与します。
 ・本学大学院修士課程に2年以上在学すること
 ・入学時のカリキュラムに基づき、30 単位以上修得すること(科目区分ごとの要件あり)
 ・在学中に修士論文を執筆し、修士論文審査・最終試験に合格すること


近年の修士論文のテーマ

 ・地域活性化を推進する組織・団体に対する行政の支援のあり方に関する研究
 ・母子世帯の自立支援と市の役割 ・日本における事業所内保育事業の分析
 ・中間支援活動における地域金融機関の役割に関する一考察
 ・高齢ドライバーを対象としたモビリティマネジメントに関する実践的研究
                                      など


取得できる資格・給付金

スクールソーシャルワーカー
 詳しくは、スクール(学校)ソーシャルワーク教育課程のページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。
中学校教諭専修免許(社会)・高等学校教諭専修免許(公民)
 それぞれに対応する一種免許状を有している方が、指定科目から24 単位以上修得した上で修士課程を 修了すると、申請により取得することができます。
教育訓練給付制度
 本学修士課程は、厚生労働大臣から「教育訓練給付制度」の講座指定を受けています。対象の方が、 修了後ハローワーク(公共職業安定所)に申請することで、最大100,000 円の給付を受けることができます。


在学生・修了生の声

在学生・修了生の声はこちらからこのリンクは別ウィンドウで開きます


院生への支援

院生への支援はこちらからこのリンクは別ウィンドウで開きます


公益学部生 学内進学のメリット

公益学部生を卒業して本学大学院修士課程に入学する方に、特別なプログラムとサポートを設けています。
詳しくはこちらからこのリンクは別ウィンドウで開きます